2008年09月26日

UPSって何?

 おはようございます。

 前回は、雷とパソコンについてしたのですが、その際UPSなるキーワードが出てきて・・・

 というわけで、今回はそのUPSについて調べたいと思います。


 まず手持ちの辞書でUPSを調べました。

 すると、「主に停電時の電源供給が停止してしまうことを防ぐために設置する予備の電源供給装置。」とあります。

 さらに、「停電時はバッテリーから電源を供給し、サーバーなどのダウンを防ぐもの。電圧などが不安定な商用電源をインバータを用いて安定供給する機能を持つものもある。」と記されています。

 なるへそ・・つまり、停電時の予備電源なわけですな!

 しかしまてよ?確かに落雷などで一時的な停電はあります。

 停電時の電源供給という観点からは理解は出来ますが、果たして雷時の対策としてその機能はいいのか?(十分なのか?)少し疑問。

 だって雷が鳴るとパソコンの電源を切るように推奨されているわけですよ?

 そんな中、いくら予備とは言え電源供給していいのか?ってことです。

 なわけで、素人な私としてはもう少し知りたく、調べて見ました。

 すると、このサイト様の記事を読み納得黒ハート

 詳しくは、このキーマンズネット様の記事を読んでくださいまし。

 素人でもわかりやすく説明してくれていますので。

 でも、私のブログでも紹介させていただきます(汗)

 今回は雷との関連性を。

 そもそもUPSがその電源障害時にただ電気の供給しかしないのかが、今回の疑問点。

 しかし、調べさせてもらうとUPSはただ停電時の電源供給だけでなく、どうも落雷に伴う電気の負荷を遮断する機能を持っているようです。

 遮断しつつ、予備バッテリーでの駆動を可能にしているので、落雷時のパソコン使用が可能となるわけです。

 ただし、このバッテリーも寿命があるようで、どうも2〜5年が一般的なようです。

 つまりUPSは電源供給のほか、こういった障害に対しても効果を発揮してくれるわけですね(・∀・)

 最近は天気が不安定で、ゲリラ豪雨なるものもよく発生しますし、こういった装置は企業のみならず、家庭にも必要なのかも知れません。

 パソコンはさらに一般家庭に普及していくと考えられますし、こういった機器の導入は今後、必要不可欠なのかも知れませんね〜(・~・)

 ではまた。
 
ドライブ・デバイスその1へ

wimaxって何?

新しい試み?
 
要注意!

wimaxについて

熱暴走

熱暴走予防

UPSって何?

ブルーレイ補足

TOPに戻る
 
 

ラベル:UPS
posted by メタボ君 at 08:16| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ドライブ・デバイスその2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

物色中
Excerpt: 現在、3つほど欲しいものがありまして、いろいろと情報を収集中です。 この記事は、...
Weblog: panメモ
Tracked: 2008-09-28 01:04
パソコン980円でゲット屋外OK簡単ネット接続PC
カスタム検索